カテゴリー別アーカイブ: TOEFL Writing

Writing③ 高得点(26点以上)をとるための方法(Independent編その1)

私がTOEFLで最も苦しんだ科目はWritingであり,結果的にも最大26点しかとれなかった(注:Writingは,以前は25点の次は27点だったが,2013年頃から26点という数字が出るようになっている。これは,2012年以前であれば27点に相当する点数と思われる。)。このため,本来,他の方々にアドバイスをする立場にはないが,散々試行錯誤したおかげで最後の2回のテストで「このようにすれば少なくとも25点~27点はとれる」ということを確信できたので,参考として自分の知見を紹介したい。

まずは,Independentタスクから。

1.高得点をとるために必要な前提知識

試行錯誤の結果,最終的に分かったことは以下のようなことである。

① IntroductionConclusionは,エッセイの体裁を良くするため必要だが,内容はどのようなものでもいい。テンプレート探しに時間を費やしてはいけない。ネイティブから見ておかしくなければ,ネットに氾濫するテンプレートのどれかをつまみ食いして使えばよい。短くても良い(むしろ短い方が良い)。Conclusionについても,「For the reasons mentioned above, I personally believe that~ 」くらいで満点がとれる。

② 高得点の鍵は,Bodyが全て

③ 一番大事なのは,エッセイ全体が,聞かれている問いからずれていないか,納得感のある内容か,という「coherence(一貫性)」。

④ 最高得点である5点をとるためには,見直しの時間を確保して,誤字・脱字等位をつぶす必要がある。単語のミスが多ければ満点はとれない。したがって、上級者であれば,文章を長くするよりも、見直しに時間をかける(350字あれば十分のようである。)方が結果的に良いスコアが出る可能性がある。

⑤ E-raterの分析でも述べたように,機械採点は単語数ではなく異語数が考慮されるので,異語率・バリエーションを増やすことを意識する。

⑥ 構成は,Body2つの4段構成,Body3つの5段構成でもどちらでもよい。ただし,某講師によれば,Bodyパラグラフは,長い段落(160字程度)が2段落あるよりも,中分量の段落(100字程度)が3段落あるほうが点数が出やすいと言っていた。これは,1段落の分量が多くなればなるほど個別性が高くなり,深い内容になる結果,逆に設問で問われている内容に関連のないことまで説明する確率が上がってしまい,結果としてraterに「何を書いているのかよく分からない。Coherence(一貫性)がない」との印象を与える可能性が高まるからであると思われる。

⑦ Bodyパラグラフは「例示」を具体的に多く書けばよい,と思う人が多いかもしれないが,Bodyの内容は,単なる例示だけでなく,「こうしたらこうなった」,「こういう論点もある」のように,内容の発展(評価基準でいうところの「develop」)を増やす必要あり。

 

2.具体的戦略

自分は,当初はテンプレートに頼った結果,文字数は450~500字程度書けていたが,高得点に結びつかなかった。高得点をとるのに最も大事なことは,「読み手を納得させる構成にする」ことなのではないかと思う。つまり「論理(ロジック)」を重視し,自分が,「この部分は,相手を納得させるには弱いかもしれない」と思ったら,1文加えて違う角度から説明を試みるなど,自分の主張する理由によって書きぶりを柔軟に変え,情報を十分にサポートすることが重要ということである。少し抽象的かもしれないので補足すると,たとえば,典型的なテンプレートで,Bodyの最後に「As this example shows, ●●(主張をサポートする理由の繰り返し)」を書くという戦略があるが,それは,必ずしも必要でない,ということを伝えたい。自分が納得できる理由が書けたと思えば,わざわざ段落の最後に同じことをコピーペーストまでして繰り返す必要はないだろうし,「段落の後半に進むにつれて少し論点がずれてきたように感じてきて,採点官にcoherenceを疑われそうだから,最後に議論をまとめて自分の主張を明確化した方がいいかな」,と感じたら,上記の1文を最後に挿入して全体をまとめるとか,柔軟にやれば良いのではないか,ということを提案したい。実際,30分しかないテストで,採点官が構成の完全性を求めていることはないと思うので,そうだとすれば記述する上で基準になるのは,「自分が相手を説得しようとした時に,それで十分か」ということなのではないかと思う。このことに気づいてからは,テンプレートを過度に気にすることがなくなり,それとともにGoodを下回ることはなくなった(なお,文字数は350字程度。)。もちろん,テンプレートを気にしないということは,自分で文章を作らなければならない,ということであり,ハードルは上がるのだが,極力パラフレーズをして異語数を増やすことに努めつつ,相手も自分も理解できるように単純に記載することを心がけた。

実際,最終的に自分がテンプレートと呼べるようなもので準備していたのは,以下ぐらいの分量だった。

______________________________________

(1段落目)

出だしは一般論(例:There are many disputes over the advantages of technology. The issue of the role of university is a very controversial one. など状況に応じ変更。)  Though some people may think that B, I believe that A for three reasons.

(2~4段落目)※理由が3つ思い浮かばない時は2つでも可。

Body ×3  (First and foremost, In addition, Moreover,) , ・・・.

(5段落目)

In conclusion, I am strongly convinced that ×× because A, B, and C.

_________________________________________

テンプレートは重要ではなく,恐らく,段落が4つか5つか,ということも本質的には重要ではない。日本語で見た時に,そのロジックで相手が納得するか,ということが重要と思う。

技術的な話をすると,Bodyの中身を「develop」をするには,「抽象化→具体化」の活用が有効。具体的には,理由の1文目は(仮にある程度具体的な理由が思いついたとしても)極力抽象的なものにする。2文目は,中身は1文目と同じようなものだが,少し具体化してdevelopさせる。

「今と昔どちらが幸せか。」という問題だとすれば,たとえば,Bodyの1文目は,「第一に,生活が便利になった。」とだけ書き,2文目に「インターネットの発明により,私たちはいつでもどこでも家族と効果的に連絡がとれるようになった。」と1文目を少し展開する。そして3文目からは,2文目で具体化したインターネットの例示(For example, For instance, An example of this, Let us take a situation where~のような形で始めるイメージ)のdetailを続けていく。

この時,例示の部分を書き進めてみて,議論を深める(develop)ことが困難に感じたら,無理にロジックを破綻させることよりは,別の観点からメリットを付け加えられないか考えた方が賢明と思う。上の例でいえば,例示を書く時,最初に,「たとえば,私の祖父は田舎に住んでいて,会うには10時間近くかかる。しかし,Skypeを使うことにより,ビデオ通話で話すことができた。」と書くとする。しかし,これ以上,そのネタでは深められないと感じたとする。この時,「1週間前はビデオ通話で1時間も祖父と深い話ができた」と深めていってもいいが,「Moreover(さらに)」とつなげた上で,「Skypeは無料で,子供でも使うことができる。」と話題を変えて記載してもよいと思う。ただし,話題を変えても,1番最初に書いた「まず,第一に,生活が便利になった。」の範疇から外れないことが重要。こういったことを繰り返せば,それなりの具体例とdevelopを保つことができる。つまり,深めるか,そうでなければ,広げる,というスタンスで臨む。そのためにも1文目は極力抽象的にして,いろいろなところに逃げることができるようにすると便利。逆にいえば,1文目が具体的になってしまうと,この方法は使いにくくなる。最初の頃は,一つの例示をどんどん深く書いていってしまい,全体の時間が足りなくなる,という事態が生じるが,実は,TOEFLでは,そこまで深くする(1段落150字以上のBodyにする)ことは求められていないのではないかと思う。深さや広がりよりも,やはり,相手が納得するかどうか,に焦点を当てるべきであり,これは具体例書かなくても明らかでしょう,と思えば,1段落100字を下回ったっていいのではないかと思う。形式ではなく内容である。

広告

Writing② E-raterの研究

TOEFLのWritingは、人間と機械がそれぞれ採点する仕組みを採用している。

機械の採点なのだから、一定の評価基準は存在するはずである。自分が機械自動採点サービスのfindscore(http://www.findscore.com/write/selecttopic.php?topictype=TOEFL)というサイトでエッセイの内容とスコアを検証したところ、以下のいずれかの方法が、機械の採点を満点にする効率的な道であるとの仮説を得た。

仮説1 330語以上、異語率50%以上60%以下、1文平均16字以上22字以下、難語(youとかtheとか以外)14%以上、転換語(firstとかhoweverとか)10以上 (左から順に重要な要素)

仮説2 500語以上、異語率42%以上

TOEFLにとどまらず、ライティングのテストにおけるスコアリングを研究している方は日本にもいらっしゃる。こうした論文を読むと、ある程度、TOEFLのライティングの採点アルゴリズムが見えてくる。論文によって多少の差があるが、典型的なものとしては、あるHPに公開されている論文から参照した以下を見ていただきたい。

– (1) 総語数 (token)  9
– (2) 異語数 (type)  8.5
– (3) 異語率 (TTR)  4
– (4) 平均単語長 (MWL) 3.2  
– (5) 平均文長 (MLS)  4
– (6) 助動詞の頻度 (Modal) 1.8 
– (7) 冠詞の頻度 (Article)  2.5
– (8) 代名詞の頻度 (Pronoun) 3 
– (9) 等位接続詞の頻度 (Coordinate)  3.5
– (10) 従属接続詞の頻度 (Subordinate)  3
– (11) 関係詞の頻度 (Relative)  2.5
– (12) 受動態の頻度 (Passive) 3

上の序列は、上から順に機械採点での寄与度が大きく、その寄与度が右端の数字で表されていることを意味している。

すなわち、一番重要なのは、文字数、同じくらい重要なのが異語数である。これを咀嚼すれば、

「コピペしても良いのでとにかく文字数を増やす」ことと「文字数は多くないが、とにかく語彙を増やすことを心がける」はどちらも点数を上げる戦略としては正しいことになる。

これを踏まえると、巷で、「とりあえず500字書けば機械で満点がもらえる」と言っている方の論理は、一定程度合理的な手法をとっていることが分かる。更に検証したところ、以下のバランスで書くことで、機会採点で満点をとれることが分かった。(ただし、あくまでfindscoreというサイトでの採点であることに留意が必要。)

文字数・異語率:500字・42%、450字・45%、420字・47%、400字・48%、350字・51%。330字・52%、300字・55%

なお、全く関係ない文章書くと減点される可能性があるので、お題に関連のある言葉(お題の文章をコピペでも良いかも)を1度は使う方がよいと思われた。また、異語率と文字数の関係を勘案すれば、仮に1文25字の中に6~7字以上(1文全体の25%超くらい)の異語を入れられるのであれば、文字数を増やした方が良い。つまり、コピペで25文字の文章を追加し、その中で6~7字のパラフレーズができるのであれば、書いた方が点数の寄与度は高いということである。

機械採点についていえばcorroborative とかsubstantiateとか、必ずしも難解な単語を使う必要はない。そうではなく、異語率を上げる観点から、簡単でもいいから色々な単語を用いることが重要なのだ。一つの方法として、具体例を多く書く(必然的に固有名詞が増えるので異語率が増える)ことがあげられるだろう。

 

また、もう一つ発見したことがある。それは、実はこのfindscoreで添削を試すと、独学受験生に大変評判であるwebtoeflを含めた多くの添削サービス会社のサンプルエッセイは満点をとれないことである。もちろん、あくまでfindscoreによる採点なので、TOEFLでは満点をとれるかもしれないが、恐らく、webtoefl等のサンプルエッセイは、やや異語数が少なく、また、文字数もそこまで多くないことから、機械採点的な満点にはならないのではないかと考えられた。

以上から、機械採点で満点をとるための方針としては、「コピペをできるだけせずに異なる言葉を用いて語数を多くするとともに、等位接続詞で結んで一文をできるだけ長くする。文法のエラーはそこまで気にしなくていい(寄与度が低い)」ということ。その中で文の構造や内容を意識するということ。自分は、「総語数350語以上、異語数180語以上」を目標として勉強していた。実は異語数を増やすより総語数を増やすほうが簡単なのだが、異語数を増やすことを意識したほうが、自分の語彙力が向上すると思ったからである。

 

正直、様々な人のTOEFL勉強法を調べたが、こうした視点から取り組まれている方は一人も見たことがない。このため、上記の方法が点数向上に資するかは分からないが、特に独学の方が、いわゆる満点の答案のレベル感を知る上では参考になるのではないかと思う。

 

 

(参考文献)

小林雄一郎・金丸敏幸 (2012) 「パターン認識を用いた課題英作文䛾自動評価䛾試み」 『電子情報通信学会技術研究報告』 vol.112, no.3 (pp. 37-42).

https://www.ets.org/erater/about

http://www.rd.dnc.ac.jp/~tunenori/doc/231_p17_24.pdf

http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.105.427&rep=rep1&type=pdf

http://www.ets.org/toefl/research/topics/scoring/

Writing① 添削サービスについて

TOEFLのWritingは、人によっては最も得点が安定しやすいというが、自分の場合は勉強開始後に比較的すぐ25点に到達したあと、1年以上25点の壁を超えることができなかった。このため、体験も含めて、様々な添削サービスを利用した。

特にWritingの添削サービスは直接的な個別のサービスであるがゆえに、実際、各サービスの指導方法や対応にはかなり違いがあった。以下はあくまで当方個人の評価であり、当然、各人によって感じ方は違うとは思うが、少しでも参考にしていただければ幸いです。

○Jack/John(評価:★★)
→人づての紹介で1か月だけ挑戦。恐らくTOEFL-Writingで最も有名な個人添削サービス。添削スピードは早い(2日以内に返ってくる)が、当方の場合は、添削はあっさり、冠詞の修正や無駄な1文の削除がほとんどという印象。テンプレート至上主義で、5段落構成。1段落と5段落目は決まっている。2~4段落目も含め、コピー&ペーストを多用。あまりに浸透したスタイルであるがゆえに、ヒューマン・レーターには評価されないのではないかと思うが、これでよい点数をとっている人もたくさんいる模様。個人的にはあまりお勧めできない。その理由は2点で、①コピーペーストを多用し、どんなテーマでも書き方がほぼ同じなので、添削を続けても自分の英語力があまり向上しない(仮にTOEFLで点数がとれたとしても、ライティング力の向上は見込めない)、②修正が文章を短くして因果関係をすっきりさせたり、冠詞を修正することがほとんどで、新たな語彙や文法を教えてくれるものではない。したがって、自分の印象としては、本サービスは、添削というよりも、「点がとれると思われるエッセイの構成を徹底的に叩き込む」というところに主眼が置かれているというイメージ。(なお、当方はJohnのサービスを受けたものであり、Jackがどのようなサービスをするかは承知していない。)

○USA-Club(評価:★★★★★)
→現時点では、当方としては1番オススメできるサービス。何より値段が安く(TOEFL対策全体パッケージで1.3万円程度。その中にWritingの添削が5回分含まれている)、サービスが丁寧。自分がイノベーティブと思ったのは、ネイティブの添削者が動画でリアルタイムに解説してくれる点。どういうところでネイティブが文章を読みにくく感じ、またどういう印象で点数を評価しているか、ということがよく分かる。また個別に分からないことがあれば、メールを送れば追加金なしで無制限で回答してくれ、しかも、少し複雑な問いについては、動画で回答してくれる。更に返信も非常に早い(添削も質問も、平均1日で返ってくる)。USA-Clubは、TOEFLで点数があがらなければ、払い戻しを受け付けている。正直、最初は、点数が上がらなかったら払い戻しを申請しようとしていたし、実際、このサービスを受けてから、自分のベストスコアは結局2か月で1点しか上がらなかったが、かなりサービスをしていただいた印象があったので、払い戻しを要請する気にはならなかった。

○Acadiaeiting (評価:★★★)
※2014年2月現在、サービスを停止した模様
→元TOEFLの採点員が、1本2500円程度で添削。この添削者が強調する点は、「評価は、文法の基本的なミス、ボキャブラリーのバラエティと複雑さ、文法の多様性の3つによって付けられる」ということである。つまり、もし短く完璧な文章を書いても、高い点数はとれない(複雑な文章を書けていないから)という立場にたつ。長く、より詳細であるほどベターであるとの観点から採点をする。
具体的には、環境問題がテーマのときに、「resolve」、「conserve resources」、「taking the initiative」、「absorb harmful elements」、「deeply aware」など、理解はできるが、自分で書くときはなかなか出てこないような単語をちりばめることを推奨する。

○Writing help(評価:★★)
→元々値段が安かったので利用していた(700~800円程度)が、2013年7月時点で確認したところ、現在は2000円程度に高騰したようである。修正スタイルは、アカデミックなハイレベルを目指すもので、原型をとどめず、信じられないくらい高度な文章になって返ってくる。500字以内であれば、1週間内の返却が基本だが、添削者がたくさんいるので、人によってまちまち(最短1日、最長5日といった感じだった)。正直、ここで修正されたとおりの文章というのは、なかなかかけないと思うが、安定的に4点レベルの人が最後の一押しで勉強する分には多少効果があるかもしれない。(高度な書き方を知るという観点で)

Dr.write(評価:★)
→推奨する方が多いが、個人的にはスタイルが好きになれなかった。一度書いたものが2日以内で返却され、その添削を踏まえて、もう一度同じエッセイを出し、2日後に再添削されて返ってくるという仕組み。これを5回繰り返して2万円。「2日以内に返却」といいつつ、16時までに提出されなかったものは、翌日の提出としてカウントされるため、実質は返却に3日かかる印象。また、土日も日数カウントされないので、気分としては、返却まで1週間くらいかかるような気持ちになった。「迅速な返却」というところをウリにしているサービスなのだとすれば、このスタイルは印象を一気に悪くする致命的なものだと思われた。また、改めて同じものを出す、というのが、少し非効率に感じた。(2回やりとりをしなければならないことにより、一つのエッセイを終えるのに1週間以上かかってしまう)
エッセイの修正はメールベタ打ちのコメント方式。説明は細かくしてくれるが、実際に修正する部分はけっこう少ないという印象。

find score (automatic service) (評価:★★★)
→無料のe-raterサービス。0~6点の6段階方式で採点してくれる。TOEFLでも採用されている機械の採点の基準を知る上で効果的。これで高得点が出る文章を相当研究した。つまり、何語書いて、異語はいくつで、1センテンスの文字数がどれくらいであれば機械の採点で満点がとれるかを確認することが可能。恐らく採点方法はTOEFLとほぼ同じアルゴリズムを使って採点していると思われる(詳細は別に投稿する)。お金をかけられない方は、練習としては意味があるように見える。

web toefl (評価:★★★)
→独学勉強者の間では評価が高い。先生のブログ情報は、試験受付開始日の情報等も豊富で、ためになり当方もよく参考にした。添削のほうは比較的あっさりしているが、添削以外に、ビデオの講座が付いているものもあり、費用対効果は高いと思われる。5点満点で採点してくれる。ビデオ講座中、効果的な文章として160の例文を挙げて記憶を推奨する「即セン」は、相当記憶力のいい人間又は相当やりこまないと、自分の身にはならず、点数が出るところまで結びつかないかもしれない。また、上記の機械採点サービスで色々と検証すると、実は、web-toeflが提示するサンプルエッセイでは、満点を取れないのではないか、という疑念もある。(詳細は別に投稿する)

cz writing(評価:★★★★)
→値段は1本1200円程度でまあまあ手頃。返却が早い(だいたい1日)、添削も丁寧で相当細かいところ、また、かゆいところに手が届いており、どうしてその文章が悪いか、ということについても理由を教えてくれる。(自分の場合、「これは明らかに自分で考えたものでなく、人の文をコピーしたものだ」とか、「日本人はみんな友人の名前を『Ken』と書く。これは本当に愚かだ」のような身に詰まるコメントをいただいた。人に薦めてもよいのではないかと思われるレベル。個人的に感じた欠点としては2つで、1つは、他のサービスと比較すると、教え方が少し異なる。具体的には、この添削者が強調するのは「とにかく簡単な文で、300字で十分。長くなくて良い」というものである。一理はあると思うが、正直、このサービスと指導方針では、機械で満点を取るのは難しいのではないかと考えている。もう1つは、お題を選べない一方、そのお題が今のTOEFLの問題傾向と少しずれがある気がするので、やや実践的でない。