カテゴリー別アーカイブ: TOEFL

Speaking⑤ 時間配分(タスク3・5)

Speakingセクションのタスク3と5は、人によっては最も簡単と言うセクションである。

タスク3は、大学側が何らかの運営変更に関する提案を行い、生徒がそれに対して意見を述べるという内容で、回答者は、大学の提案に対する生徒の意見とその理由をスピーキングする。
タスク5は、学生2人が話していて、一人がある問題を抱えており、それに対する二つの解決策が議論されるので、回答者は、どちらの解決策が良いと考えるか、スピーキングするものである。

Speakingで20点程度をとれるようになった受験者のよくある失敗は、時間内に言いたいことを言い切れないということだ。
2~3点であれば、仮に必要な事項を全て言い切れなかったとしても取れる可能性はあるが、最高得点の4点を目指すとすれば、設問が求める事項を時間内に言い切ることは必須であろう。

これの対応策は、あらかじめ自分の中で時間配分の目安を決めておき、それに基づいて練習を重ねるしかない。

個人的には、以下の時間配分でスピーキングすることにより、時間内で必要なことを言い切ることができるようになった。

タスク3:大学の提案を20秒以内に言い切り、その提案に対する生徒の意見を5秒以内(といっても、The man agrees with this idea.くらいで十分だろう)、残りの35秒で理由をスピーキングする。

タスク5:問題点が何なのかを8秒以内に言い(The man’s problem is that ~みたいな感じで十分)、その後、1つ目の解決策とのその問題点を15-20秒、2つ目の解決策とその問題点を同じく15~20秒程度で言う。これらを合計して、長くとも45秒以内に言い切り、残りの15秒程度の時間で、自分が良いと思う解決策とその理由を言う。

ポイントは、最初にいうべきこと(タスク3であれば大学の提案、タスク5であれば学生が抱える問題点とその解決策の候補)をできるだけ早めに言い切り、残りの時間を長めに確保することである。

そもそも、回答することに大きな困難を感じる受験者(Speaking18点未満くらいか)の場合は、時間配分を大きく気にせず、とにかくしゃべり続けることを意識する方が良い戦略となる場合がある。なぜなら、上記のように時間配分を気にすると、逆に後半で言うことがなくなってしまい、最後に無言の時間が流れたり、どもってしまってしっかりとした回答ができなくなってしまう可能性があるからだ。しかし、ある程度点数をとれていて、更にステップアップをしたいと考えている場合は、時間配分を意識することの重要性は思った以上に高いと思う。

Listeningの教材

Listeningが分からないのは、普通に考えれば、①言葉が聞き取れない、②言葉が聞き取れるが、意味がとれない、のどちらかであり、
①を改善する方法は、(1)単語力の向上、(2)シャドウイング、ディクテーション等による慣れ、
②を改善する方法は、(1)文法力の向上、(2)シャドウイング、ディクテーション等による慣れ
ということになる。

この観点から、教材としておすすめできるものがあるとすれば、以下なのではないか。いずれも韓国で発売している教材である。

TOEFL MAP Listening Intermediate

TOEFL MAP Listening Advanced

(1)内容 
本試験に近い。TOEFL学習用教材として名高いDeltaも勉強した立場から言うと、Deltaよりも内容が専門的(Deltaは内容が浅く薄い)。アカデミック(大学1年程度のリベラルアーツ)な内容を感じさせる。
最大の魅力は問題数が非常に多いことであり、advanceに至っては、本試験と同じような量・内容の問題が132テーマくらいあるわけで、これだけの量の問題を一冊に収めているのは、日本の教材では存在しない。

(2)音質
音質は非常に良い。Deltaは、どこかの教室で素人が録音したような音質だが、こちらは非常に綺麗。(ただし、聞きにくい方がリスニングの練習になる、という可能性は否定されるものではない)

(3)欠点
欠点がないわけではない。それは、設問のセンスが悪いことである。Deltaは設問は簡単と言われているが、ひどい設問は少なかったように記憶している。一方、上記テキストは揚げ足をとるような(そんなこと言ってたっけ?てか、本筋にまったく関係なくない?というような)問題がそこらじゅうに散りばめてあったり、lectureの講義で「教授はこのあとどうするか?」みたいな、TOEFLでは絶対に出ないような問題が出る。①問題の発生⇒②解決策の提示⇒③検証⇒④行動、と進んでいくconversationの問題ならまだしも、lectureの問題で次の行動が問われることは通常想定されず、設問作成者にセンスがないと言わざるをえない。
それでも全体としてはメリットがデメリットを凌駕すると思われる。単語の勉強にもなる。

They say, I say

海外の本でTOEFL Writingの対策に有効と思われる本があった。

They say, I say

という本である。

自分のように、日本で教えるライティングのテンプレートが本当に外国人受けするのかを疑ってしまうような人間にとっては適切である。そもそもTOEFL Writingで得点をとるために予備校等で教えられるいわゆるテンプレートと言われているものが、アメリカの大学レベルのアカデミックな背景から来ているものだということがよくわかるからだ。
特にTask 2のほうでは、「Some people say that ~ , others disagree~」で文章を始めるのが鉄板だと思うが、これは、まさに上記の本の流れを汲んでいる。すなわち、まず相手の意見を受容し、そこから自分の意見に発展させるというスタイルである。

上記の本は、こうしたテンプレートを礼賛するものであり(といってもそれはテンプレートで外枠を埋めることで、中身をしっかり考え充実させるためなのだが)、さまざまなテンプレートの事例が乗っている。そのテンプレートを使う背景もわかる。

当然すべて英語なので、読むのには若干時間もかかるし、海外の本なので容易には読めないかもしれないが、気分転換の読み物としてはおすすめできるといえる。

writing の微妙なニュアンス

マーク・ピーターセン著の「実践 日本人の英語」を読んでいたら、toeflのwritingにも応用できそうなことが書いてあった。
この著者の圧倒的な強みは、アメリカ出身で英語のバックグラウンドを持ちながら、日本語が日本人並みにうまいことである。話し言葉でうまい人はたくさんいるが、日本語で本を書けるほどの英語ネイティブはなかなかいないのではないか。
このため、ネイティブから見た英語の使い方の微妙なニュアンスが分かる。そして、この本を読むと分かるのは、いかに中学校時代の英語教師が、英語のニュアンスなどほとんど勉強せずに生徒に教えているか、ということだ。例えば以下のとおり。

◎my 問題
I will meet my friend in London tomorrow.だと、英語を母語とする人間にとっては、たった一人しかいない私の友人に会いに行く、という意味になる。(a friend of mine又はone of my friendsとするのが正しい)

◎仮定法
if文の現在形と過去形の違いは、現在形の場合、「可能性は高くないだろうが、まあまあある」の意識。過去形の場合、「可能性はまあまああるかもしれないが、さほど高くない」の意識。
Old as I am, I can swim across the river if necessary. は川を渡る可能性が十分にあると考えている。
Old as I am, I could swim across the river if necessary. は実際は泳いでわたることが必要になる可能性はほとんどない。の意識。

◎肯定文のcould
・I could meet him in New York. は、英語圏人は、仮定法過去と受け止め、「ニューヨークに意気さえすれば、私は彼に会える(のだけど・・)」の意味になる。本当の過去の話をしたいのなら、I was able to meet him in New York.とする。
・なお、否定文の場合は、必ずしも仮定法的につかっているか、本当に過去にあった事案として使っているかは読み手にとっても曖昧になる。(実際は前後の文脈で、ネイティブの読み手はほとんど迷わず理解できる)

◎enough
enoughは口語的(小学生っぽい単語)であり、sufficientlyのほうが品格がある。

◎最後に、やっと
finallyは、「最後に」、「(長く待った(頑張った)あげく)やっと」の意味合い。at lastもこれに近い。
「結局、最終的に」の場合は、In the end, eventually, ultimatelyが正しい。

◎日本人だけが使う魅力のない英語(and so on, these days)
and so onは言い回しとしてはこれといった魅力のない言葉で、著者は実生活で一度も使ったことがない。また、etc.のほうが適切であるが、such asとか、includingとして記載したほうが品格がある。
these daysも、言い回しとして魅力のない言葉で、著者は一度も使ったことがない。これを文頭に使うのは日本人だけ。語感としては、どちらかというと、
「今どきの~」の意味に近い。these daysを使わないため、recently, lately, today, at present, nowなどを使ったほうが大人の文章になる。

◎因果関係(so, because, since, andの違い)
英語は「因果関係」をもっとも重要視する言葉。
もっとも緩やかな因果関係を示したいときは、andが一番都合がいい。because,sinceは因果関係の度合いが強くなる。
because は、原因や理由を、新たな情報として持ち出すときに使う。
sinceは、聞き手(読み手)がもうすでにわかっているだろうと思われる前提として、原因や理由を持ち出すときに使う。
soは、実は、because やsinceよりもさらに因果関係が強く。「当然だ」の意味合い。ThereforeやAccordinglyと同等。
As a resultは、「結果として」の意味で使われるが、これも強い因果関係を表すので、前に述べた事柄から考えれば「当然こうなる」「必然の結果」という場合にしか使わない。なので、実験をしていたら、その結果、こういう現象が起きた、というような場合には、使わない。(The result of those experiments was that~ みたいな形にすべき)
Then は、「その時」「次に」「それだったら」の意味を表す。よく、「そこで」の意味で使う(Aをしたらこうなった。そこで(Then)、Bした。みたいなニュアンス)と覚えている人が多いが、こういうときは、andで十分。
⇒ 因果関係の強さとしては、and < because ≦since< so,therefore, accordingly といったところか。

ライティングをネイティブが採点する場合、恐らく上記のようなところで違和感があれば、減点対象にもなるのだろう。日本語にニュアンスがあるように、英語にも微妙なニュアンスの違いがある。ニュアンスを少しずつ理解しておくのは、英語力向上にもつながるように見える。

toeflのTPO

toeflのpractice online テスト。TPO。
トフルと同じ環境でテストができる。ETSが作成している。一回あたり、確か4500円程度。

圧倒的に、本番のtoeflに一番近い問題。それはETSが作成してるから当たり前。
韓国が作成している問題は、正直、本番のTOEFLにけっこう近いと思うが、現段階でTPOを上回る問題は存在しない。

そして、これは、悲しいことか嬉しいことか中国が海賊版を作成している。つまり、中国語が分かる人にもし知り合いがいれば(いや、いなかったとしても)すぐに、問題や回答をネット上で見つけることができる。例えば、中国のポータルサイトのbaiduでTPOとでも検索したら、腐るほど色々なものが出てくるだろう。

私が見つけたサイトには、TPO26回分が全て何度でもでき、答えもあり、しかもスピーキングは録音して後で聞きなおすことができ、ライティングは自分の回答が記録される、しかもプラクティス用と本番用でテストの仕様が分かれており、本番用は時間設定も本番さながらでき、プラクティス用は、自由に時間を気にせず問題を解ける、というものもあった(ダウンロードができる。ただし、800メガほどの大容量の模様。)。
※2014年9月追記:現在はサイトにアクセスしてもダウンロードできなくなっている模様

こうした問題は確かに効果的であろう。良質の問題集と思えば、それを上回るものはないから。
しかし、例えば、仮にそういう問題をやろうと思って、ネット上で探すのに時間を費やす、というのは時間の無駄のように思う。
それなら、自分が良いと思う問題集を真摯に勉強する時間を確保するほうが良いと思う。deltaでも、OGでも、何度もやり、全てできるようになるまでやる。結局はTPOをやるよりそっちの方が良かったりする。なぜなら、結局TOEFLで必要なのは、うわべではなく、本当の英語力だから。だからこそ、毎回同じようなテストであるにも関わらず、なかなか100点を超えることができないのだから。

他方、韓国は本番に非常に近い素晴らしい問題集がたくさんあり、中国はこうしたTPO海賊版など、恐ろしい教材が簡単に手に入る現状となっている。アジアの3傑のTOEFL対策は、こうも異なっている。日本が遅れているとみるか、進んでいるとみるか。

なぜtoefl100点がとれなかったのか

今回は、どちらかというと精神的な話。

色々言っても、結局、セクション別スコアのベストは105点程度とっているとはいえ、総合点数としては99点で終わっているので、本来はあまり人にアドバイスできる立場にはない。
ではなぜ、100点を超えられなかったのか。反省にも近い話だが、以下のようなことではないかと思っている。

・勉強ではなく、勉強方法を学ぶことに時間を費やしていた
 ⇒独学で勉強していたからか、どんな勉強方法だったら良いか、どういうテンプレートだったらいいか、ということで、形式に時間を割いていた。とにかく愚直に一つを信じて勉強する、ということができなかった。その点では、良いメンターに恵まれなかった(予備校に行くお金がなかった)、そして自分の勉強法に自信を持てなかった。

・プライベートの問題を、自分が積極的に選択していなかった
 ⇒プライベートの事情で土日もまともな勉強時間が割けなかった。片方がまるまるつぶれてしまうことも珍しくなかった。勉強のためだけにとった3日の夏休みは、まるまる全てプライベートの事情でつぶれた。しかし、これの問題点を挙げるとすれば、それは恐らく実質的な時間ではなく、時間に対する考え方の問題だろう。なぜ、こんなことに時間を割かないといけないんだ、私は勉強したい、という精神が、むしろよくなかったのではないかと思う。プライベートの事情も、全力で楽しく対応していれば、プライベートを言い訳に思いつくことはないはずだから。なぜなら、それは自分が選択したものであって、原因とはならない。要するに、自分が不本意で過ごしている、ということに他ならない。換言すれば、自分のマネジメント力と人間力の問題。このプライベートの事情により数百万円も失い、満足いく予備校に通うことができなかったのも、結局、それを不本意と思っている自分の精神に、towfl100点に行けなかった原因がある。独学だって、100点に到達する人はたくさんいる。

・積極性の欠如
 ⇒自分が勉強法を参考にしている方から、勉強会に行く機会を与えられていたが、自分はそれに参加しなかった。やはり今思えば、それに積極的に手を上げておけば、もしかしたら何かが違ったのではないか、という気もする。仲間もできたかもしれない。やはり機会に対して、全力でものにする「危機迫るもの」が足りなかった気がする。

ということで、結論としては不足していたのは、「鬼気迫る動機」と、「自分を信じて愚直に勉強だけをやりぬく勢い」だと思う。
これはtoeflとかGMAとかGREとか、勉強の話だけではない。仕事も趣味も、何らかの成果を生み出すもの、人生に満足を与えるものには全て関係していると思う。

これを踏まえると、自分が人生をかけるべきものは「鬼気迫る動機」があるものと、「自分を信じて愚直にやりぬく勢い」があるものかもしれない。後者は探しにくい。まあ、前者も探しにくい。結局、何か人生をかけるものを探すこと自体が才能となのかもしれませんね。

Reading③ 解法のテクニック

先の投稿で、TOEFLのリーディングは、とにかく読むことである、と言ったが、自分がTOEFL勉強の過程で、個人的に解法のテクニックとしてメモしていた問題の解き方のコツは以下のようなものであった。
自分の思考回路を踏まえてメモしたものなので、誰にも参考になるようなことではないが、参考まで。

○事実が書いてあるものを選ぶ。事実関係としてどれが一番正しいかを問われている。書いていないものは選ばない(infer 問題以外、想像による回答は避ける)
○skimingしたら、本文と選択肢を見比べる。
○単語は、まずは単語そのものの意味を知ってたら、それを基にして選ぶ。わからなければ文脈。文脈から答えることは危険。単語問題はあくまで単語の知識を問われていると思え。
○挿入問題は、抽象→具体の原則に沿って選ぶ(挿入文が抽象文なら、後に具体例が続くか、挿入文が具体文なら、前文の説明になっているか、を意識する)
○一見、関係なさそうな選択肢(本文に書いてなさそうな選択肢)でも、逆の観点から(「AならばB」を「BでないのでAでない」という説明に変えているなど)真実を言っていないかを吟味する。
○わからない問題に出会った時に一番大事なのは該当の文章・選択肢をよく読むこと。理解していない箇所があるとわからなくなる
○わからない問題に出会った時に、その原因が文章の読み違えによるものでないか留意する。思い込みによる誤答を防ぐ。
○一度選択肢を選んだものの、少し自信がない問は、ほかの選択肢が実は合っていないか、という観点から思い込みを排除して再度見直す。
○選択肢の意味がわからないのに回答しないようにする
○選択肢を見て、問われている箇所を正確に当てる
○挿入問題は、ロジックを見る。何の例示か、指示代名詞は何をさしているか、他に同じ言葉の言い換えはないか、aとtheの順番等を見る