Speaking⑤ 時間配分(タスク3・5)

Speakingセクションのタスク3と5は、人によっては最も簡単と言うセクションである。

タスク3は、大学側が何らかの運営変更に関する提案を行い、生徒がそれに対して意見を述べるという内容で、回答者は、大学の提案に対する生徒の意見とその理由をスピーキングする。
タスク5は、学生2人が話していて、一人がある問題を抱えており、それに対する二つの解決策が議論されるので、回答者は、どちらの解決策が良いと考えるか、スピーキングするものである。

Speakingで20点程度をとれるようになった受験者のよくある失敗は、時間内に言いたいことを言い切れないということだ。
2~3点であれば、仮に必要な事項を全て言い切れなかったとしても取れる可能性はあるが、最高得点の4点を目指すとすれば、設問が求める事項を時間内に言い切ることは必須であろう。

これの対応策は、あらかじめ自分の中で時間配分の目安を決めておき、それに基づいて練習を重ねるしかない。

個人的には、以下の時間配分でスピーキングすることにより、時間内で必要なことを言い切ることができるようになった。

タスク3:大学の提案を20秒以内に言い切り、その提案に対する生徒の意見を5秒以内(といっても、The man agrees with this idea.くらいで十分だろう)、残りの35秒で理由をスピーキングする。

タスク5:問題点が何なのかを8秒以内に言い(The man’s problem is that ~みたいな感じで十分)、その後、1つ目の解決策とのその問題点を15-20秒、2つ目の解決策とその問題点を同じく15~20秒程度で言う。これらを合計して、長くとも45秒以内に言い切り、残りの15秒程度の時間で、自分が良いと思う解決策とその理由を言う。

ポイントは、最初にいうべきこと(タスク3であれば大学の提案、タスク5であれば学生が抱える問題点とその解決策の候補)をできるだけ早めに言い切り、残りの時間を長めに確保することである。

そもそも、回答することに大きな困難を感じる受験者(Speaking18点未満くらいか)の場合は、時間配分を大きく気にせず、とにかくしゃべり続けることを意識する方が良い戦略となる場合がある。なぜなら、上記のように時間配分を気にすると、逆に後半で言うことがなくなってしまい、最後に無言の時間が流れたり、どもってしまってしっかりとした回答ができなくなってしまう可能性があるからだ。しかし、ある程度点数をとれていて、更にステップアップをしたいと考えている場合は、時間配分を意識することの重要性は思った以上に高いと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中