Listeningの教材

Listeningが分からないのは、普通に考えれば、①言葉が聞き取れない、②言葉が聞き取れるが、意味がとれない、のどちらかであり、
①を改善する方法は、(1)単語力の向上、(2)シャドウイング、ディクテーション等による慣れ、
②を改善する方法は、(1)文法力の向上、(2)シャドウイング、ディクテーション等による慣れ
ということになる。

この観点から、教材としておすすめできるものがあるとすれば、以下なのではないか。いずれも韓国で発売している教材である。

TOEFL MAP Listening Intermediate

TOEFL MAP Listening Advanced

(1)内容 
本試験に近い。TOEFL学習用教材として名高いDeltaも勉強した立場から言うと、Deltaよりも内容が専門的(Deltaは内容が浅く薄い)。アカデミック(大学1年程度のリベラルアーツ)な内容を感じさせる。
最大の魅力は問題数が非常に多いことであり、advanceに至っては、本試験と同じような量・内容の問題が132テーマくらいあるわけで、これだけの量の問題を一冊に収めているのは、日本の教材では存在しない。

(2)音質
音質は非常に良い。Deltaは、どこかの教室で素人が録音したような音質だが、こちらは非常に綺麗。(ただし、聞きにくい方がリスニングの練習になる、という可能性は否定されるものではない)

(3)欠点
欠点がないわけではない。それは、設問のセンスが悪いことである。Deltaは設問は簡単と言われているが、ひどい設問は少なかったように記憶している。一方、上記テキストは揚げ足をとるような(そんなこと言ってたっけ?てか、本筋にまったく関係なくない?というような)問題がそこらじゅうに散りばめてあったり、lectureの講義で「教授はこのあとどうするか?」みたいな、TOEFLでは絶対に出ないような問題が出る。①問題の発生⇒②解決策の提示⇒③検証⇒④行動、と進んでいくconversationの問題ならまだしも、lectureの問題で次の行動が問われることは通常想定されず、設問作成者にセンスがないと言わざるをえない。
それでも全体としてはメリットがデメリットを凌駕すると思われる。単語の勉強にもなる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中