MBAの転職市場から見たランキング

MBAには様々なランキングがある。有名なところでいえば、US News, Business Week, Financial times, Economist,などなど。
それぞれが、ランキングで重視する項目について、若干の傾斜をかけている。例えば、教授からの評価に高い傾斜がかかっているもの、卒業後の年収に傾斜がかかるもの、企業採用担当者からの評価に傾斜がかるもの、などである。

それぞれのサイトには、だいたいmethodology のリンクがあり、どういう評価方法をとっているのかが詳細に分かるようになっているので、もしランキングを考慮する方いるのであれば、そうした評価基準というのもちゃんと調べた上で受験を戦っていくほうが、より戦略的な感じがする。簡単にそれが知りたいのであれば、文部科学省のこのページなど、役に立つのではないかと思われる。

一般的にMBAは上位30位以上であれば、優秀な大学とされるようであるが、やはり、そうはいっても、MBAにいったことをもって良い転職をしたい、ということなのであれば、恐らく、以下のような序列ができるのではないかと思量される。もちろん、自分が実際にMBAに行ったわけではないので、これはあくまで、推測・想像にすぎない。また、業界によって得意な大学、というのもあると思うので、一概にグルーピングができるものでもない。さらには、転職以外の目的でMBAを目指す人もいるかと思われるので、そうした方は、ランキングには拘泥せず、自分のやりたいことに近い大学を選択すべきであるのは論を待たない。トップ30(下記の5.まで)以上であれば、生徒の頭脳レベルはほとんど変わらないという話も聞く。(実際、トップ20~30くらいまでであれば、トップスクールと比べてGMATの平均点もそこまで大きく変わるものではない。) ただし、TOEFL100点を下回る場合、下記4.以上の大学に合格するのは困難だろう(さらに、3.以上の大学でtoefl100点を下回って合格した人は見たことがない。)。下記のランキングは、一般的には、外資系金融・コンサルあたりに言えることだろう。ただ、ハーバードやスタンフォード大学に行くような方々は、あまり外資系コンサル・金融といった選択肢をとらないような気もするが。そして、そもそも日本企業で転職しようとするのであれば、企業人事部はトップ10くらいのレベルの大学名しか知らない場合も多くある気もするが。(少なくとも自分はアメリカの大学名をほとんど知らなかった)

1.転職市場1位グループ(世界トップクラスに評価される大学)
  ハーバード、スタンフォード

2.転職市場2位グループ(いわゆるビック7)
  ウォートン、MIT、コロンビア、ケロッグ、シカゴ

3.転職市場3位グループ(いわゆるトップ10レベル)
  デューク、UCバークレー、Tuck、NYU,

4.転職市場4位グループ(いわゆるトップ10~20レベル)
  ミシガン、コーネル、エール、Darden、UCLA、カーネギーメロン、エモリー、ノースカロライナ、

5.転職市場5位グループ(いわゆるトップ20~30レベル)
  バンダービルト、ワシントン(Olin)、オースティン、南カリフォルニア、ケリー、ジョージタウン、メリーランド、ノートルダム、ワシントン(Foster)

6.転職市場6位グループ
  その他の大学

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中