TOEFL 試験会場

(注)2014年4月頃から、TOEFLの試験会場の状況が大きく変化しているとのこと。以下は、2013年末までの情報であるため、情報が古い可能性があります。

試験会場は、TOEFLの点数に大きく影響を与える。特に、神経質な人はなおさらだ。こんなテストは他にない。なぜなら、テストにスピーキングが組み込まれているからだ。
私もいくつかの会場でテストを受験したが、個人的な評価は以下のとおりである。もちろん、テスト会場には個人差があると思うので、その評価は絶対ではない。

<良い会場>
1位 茅場町テストセンター  10点
 ・最高の試験環境。人が多いが、試験官も含め、全てがよく管理されている印象。

2位 御茶ノ水テストセンター 9点
 ・試験環境は、茅場町と同等。ただ、自分のタイミングが悪かったのかもしれないが、受付をしてから、席につくまでかなり待たされるので、少し早めに行かないと、リスニング中に、他の人のスピーキングが始まるリスクがあることに注意。ダミー問題のときに他の人のスピーキングが始まるのは問題ないが、通常のリスニング時に他の人のスピーキングが始まったら、終わりだ。
 ・駅から近い(徒歩2~3分)こと、御茶ノ水という土地柄、学生街で、試験会場の近くに安く昼食が食べられるところが多いこと(試験後、非常にありがたい)ことは、とても良いメリット。

3位 横浜駅西口(ITJP540番台) 8点
 ・人が多い(知り合いに会う可能性もあり。集中力そがれる)というデメリットはあるが、会場の環境は良い。ただ、収容人数の大きいマンモス会場だから、場合によっては変な人(集中に邪魔な人間)が紛れ込んでいる可能性もある。それと、この会場も御茶ノ水同様、試験会場についてから、席に座るまですごく待たされるので、そういったストレスはかかる。また、他の会場と比較して、受験生が不正をしないか、厳しく管理している印象がある。ガムの持込とかも厳しくとめられる。
 ・なお、同じ横浜駅西口でも、JP376のほうは、ハズレ会場と聞く。

3位 田町テストセンター 8点
 ・個人的には、好きな会場だった。適度に試験官も緩い感じがした。茅場町等のパーテーションと比べると、少し貧弱だが、それでもしっかりと席が区切られているし、何より、少人数なので、やりやすい。

4位 目黒テストセンター 6点
 ・悪くはない。机が若干小さい気がするが、テストの集中に支障をきたすほどではない。ただ、自分が受けた時の試験官が最悪で、自分の視界に入るところで、何度もちらちらこっちを見てくるような人だったので、非常に集中できないことがあった。
 ・また、コンピューターの不調(画面いっぱいに広がらないとか)が多い。
 ・パーテーションが浅くて、隣が見えてしまう。そのわりには、比較的人口密度が高く、人も多い印象。総じて狭い。できれば使いたくはないが、他にどこもなかったら仕方なく使う、というレベルの印象。

<悪い会場>
 テンプルセンター三田校舎 3点
 ・大教室で、仕切りは発泡スチロール。隣の距離が非常に近い。発泡スチロールなので、自分がちょっと動いただけで、下に落ちてしまったりしていた。
 ・なにより問題なのは、テストの受付(パスポートの確認、本人確認の写真撮影等)を、テスト会場の中でやっている点。自分がテストをしている中、前を見ると、試験官が、受験生の写真をとっていたり、話したりしているのが聞こえて、端的にいって、非常に邪魔。したがって全体的に集中できない。オススメできない。駅からも遠い。(三田(田町)駅から慶應義塾大学に行き、さらに5分程度歩くイメージ)
 
 MSR日本橋  3点
 ・自分がTOEFLのことを何もしらず、初めて受験した会場。茅場町の会場がいい、という話だけ知っていたので、間違えて予約してしまった会場である。これもテンプルセンター三田校舎と似ていて、大教室の薄パーテーション。集中できない。

なお、自分は受けたことがないが、上記以外には、テンプル大学(麻布3階)が良いと聞いた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中