Speaking④ 回答例

前の投稿で、自分で回答案を作る、と書いたが、「そんなことはわかっているが、どのような回答であれば評価されるのか分からない」、と思う方もいるかもしれない。

自分が見た中で、最も参考になった回答は、このサイト(?)である。

中国のポータルサイトであるbaidu文庫から見つけたものだが、実際にETSが作成したと思われる問題に対するタスク1~6までの回答例が載っている。中国のこうしたやり方は、それが道徳的・法制的に正しいのかという問題をはらみつつも、本当に恐れ入る。

十分な英語力が備わっておらず、回答のパターンも知らない人が、自分の回答案をオリジナルで作ることが難しいのは当然で、まずはどのような形がきれいな回答なのか、ということを感覚的に把握し、そこから自分なりの回答のパターン、言いやすい形にしていけばいいのではないだろうか。やはり、模範解答がどんなに素晴らしいものでも、自分がそれを使いやすい、使いにくい、というのは個々人の英語力や勉強状況によって異なってくるので、自分に一番フィットする構成やいいぶりで60秒(タスク3~6の場合)にまとめる訓練をするのが大事だ。

上記でリンクを貼った回答は、誰が作ったのか知らないが、特にタスク3~6の回答の仕方は、高得点に必要な要素が十分にちりばめられており、全体の構成もよく、かつ一定の回答パターン(型)を維持して作られているので、良い構成とはどういうものか、を知る上で、受験生の参考になるのではないかと思われる。

※2016年1月追記:久しぶりにリンク先にアクセスしたところ、ポータルサイト内の掲載場所が変わったか削除されたかの理由により、適切な場所にリンクされなくなっている。サイトから検索して自力で探すこともできるとは思うが、もし欲しい人がいたら個別に連絡ください。

広告

Speaking④ 回答例」への3件のフィードバック

    1. guko 投稿作成者

      ゆゆさん

      コメントが遅れて大変申し訳ありませんでした。
      個別にメールを送りますので、ご確認ください。

      返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中